女性のための若返り情報

ヘモグロビンA1Cに注目 

ヘモグロビンA1C(HbA1c)は糖尿病の指標となる数値です。血糖値がそのときの体の状態に左右されるのに対し、HbA1cは過去数十日間の血糖の状態を示すものなので、より正確な指標とされています。じつは糖尿病以外でもヘモグロビンA1Cは高値を示す場合があります。腎臓の病気や、甲状腺機能亢進症などの内分泌疾患です。これらの病気の場合は、他の検査数値に指標が現れるので、糖尿病とはっきり区別することができます。また貧血などの場合は逆にHbA1cが平均より下回ることもあります。