女性のための若返り情報

アンチエイジング化粧品で抗酸化 

酸化は加齢や生活習慣の蓄積で活性酸素が必要以上に発生することにより細胞の脂肪分が劣化していく現象です。肌がくすみ、透明感がなくなるだけでなく、たるみなどの原因にもなります。抗酸化はアンチエイジングの大切なポイントですが、化粧品で予防や改善効果があるのはプラセンタやフラボノイドが代表的で、コラーゲンを増やす作用があり、肌を柔らかく保ちます。ビタミンCもアンチエイジングに補助的な役割がありますが、そのままでは不安定なため誘導体として配合されている事がほとんどです。また紫外線も大きく影響するのでUV対策は日常的に必要です。

化粧品で酸化しないように 

アンチエイジング目的の化粧品は様々販売されています。それなりの値段がする、国産のものであればそれほど気にすることはないですが、外国産の安価なものには注意をする必要があります。特に気を付けたいのが酸化です。酸化というのは子供の頃、理科の授業で習ったでしょうが、酸素と結合して化学変化をすることです。実は化粧品に含まれる成分にも、このように酸素と反応して化学変化をするものがあるのです。これではアンチエイジングどころが、肌トラブルの原因となる可能性があるのです。したがって、年齢に負けない美肌を保ちたいなら、国産のそれなりの値段がするものを使うべきなのです。

アンチエイジング,日焼け